CoinExchange(コインエクスチェンジ)牛のロゴがカッコいい草コイン取引所

1000人以上が私と友達だよ~

友だち追加

 やあ草男だ。

 

今回は草コインが取引できることで注目を集めている海外の取引所の1つ、
CoinExchange(コインエクスチェンジ)を紹介しよう。

 

f:id:Kusa0toko:20180124223247j:plain


取引所選びの参考にしてもらえたら嬉しい。

 

CoinExchange 公式サイトはコチラから

 

 

 

 

CoinExchange(コインエクスチェンジ)

 

 

CoinExchangeは2016年にサービスを開始した海外の仮想通過取引所である。

運営もとの国は不明。

 

…そう、不明。

 

しかし心配することはない。


国籍不明の取引所でもしっかりと機能して信頼を得ているところはいくらでもあるし
資産のほとんどを数年の間預けっぱなしにとかしない限りは問題ないだろう。

 

二段階認証とパスワードの管理をしっかり行い、GOXが心配であればウォレットに移せば良い。

 

 

CoinExchangeはアメリカにあるのでは?という噂を小耳に挟んだことはある。

 

知ってる人かCoinExchangeの運営者の方、いたらこっそり教えてください。

 

…と思っていたが、イギリスの取引所と広告にしっかりと記載があった。

 

f:id:Kusa0toko:20180124222707j:plain

 

 

草コイン専門の取引所

 

 

CoinExchangeは草コイン専門の取引所で

ユーザーの間で「草コインの宝庫」とも称されているほど

取り扱っているコインの種類が豊富で

その数なんと世界トップクラスの500種類超

 

f:id:Kusa0toko:20180124223438j:plain

 

新しく開発されたコインがまず上場を目指す取引所の1つで
CoinExchangeに上場すれば価格が大きく上がると話題になっている

知る人ぞ知る取引所。

 

海外の取引所のため日本円を使った取引は出来ず
次の5コインが基軸通貨として使用できる。

 

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアム・クラシック(ETC)
  • ドージコイン(DOGE)

 

取引手数料は一律0.15%
海外の取引所は手数料が多いところが多く

つい感覚が鈍ってしまうが
国内の取引所と比較すると破格の安さであることは間違いない。

 


日本での登録ユーザー急増

 

 

日本での知名度はあまりなく
私のような草コイン大好きな男たちの間で密かに使われてきた取引所だった。


しかし日本人ユーザーを中心に盛り上げているXPが上場したことをきっかけに
今後注目の取引所の仲間入りを果たした。

 

 

CoinExchangeとQUOINEX

 

 

登録や取引の時に気をつけたいのがQUOINEXの存在。

 

f:id:Kusa0toko:20180124223629p:plain

 

QUOINEXは2014年にシンガポールで設立された取引所で
読み方は「コインエクスチェンジ」。


CoinExchangeも「コインエクスチェンジ」。

 

そう、読み方が被っている。

 

QUOINEXは現在本社が日本にあり

2017年9月に仮想通貨交換事業者として金融庁から正式登録されたことからも
非常に日本人に馴染みのある取引所。


コインエクスチェンジ」とGoogle検索したときに

QUOINEXの広告が大々的に出てくるので区別はしっかりとつけよう。

 

 

まとめ

 

 

今回はイギリスの仮想通過取引所「CoinExchange」の紹介をした。

 

f:id:Kusa0toko:20180121005917j:plain

 

草コインの情報を仕入れているといちどに覚えきれないほど多くの取引所について

知ることになり
どこに登録して取引すればいいか迷ってしまうことも少なくない。

 

そんな時は無理に1つに絞ろうとするのではなく
まずは登録してみて可能であれば小額でも取引してみることを繰り返してるうちに
自分に合った取引所が自然とわかってくると思うので

色んな取引所を使ってみてほしい。

 

CoinExchange 公式サイトはコチラから

 

では。