Binance(バイナンス )で注目のADAコインを安く購入

1000人以上が私と友達だよ~

友だち追加

やあ草男だ。

 

以前から草男が注目し、利益を出すことができたADA(エイダ)コイン。

ADAコインの今後の価格についてまとめた記事


 

まずは多くの人に参考に見て参考にしていただいたことに感謝する。

 

 

 

 Binance(バイナンス )の概要

 

バイナンス公式サイトはこちらから。

 

バイナンス公式サイトはコチラから

 

 

バイナンスは2017年7月に中国で創業された仮想通貨取引所である。

 

創業者はChangpeng Thao氏。

ブロックチェーン等の分野における技術者として実績があることから利用者からの信頼は厚い。

 

海外の大手取引所であるPoloniexやBittrexと比べて歴史は浅いが

手数料の安さや他にはない通貨が上場していることで注目されている。

 

f:id:Kusa0toko:20171211002004j:plain

 

日本でも取引におけるプラスの特徴が多いことからユーザーが増えおり

今後も目が離せない取引所となっている。

 

 

 Binance(バイナンス )の特徴

 

 

バイナンスの大きな特徴として次の3点が挙げられる。

非常に魅力的なためメインの取引所として使用という人も増えている。

 

・取引手数料が安い

・ビットコインのフォーク後の通貨がもらえる

・日本語に対応

 

 

バイナンス特徴1:取引手数料が安い

 

 

仮想通貨を売買するときに気になるのはやはり手数料だろう。

 

安く買った通貨が値を上げても売るときの手数料が高ければ利益は減ってしまう。

 

場合によっては手数料によってマイナスになってしまうことさえあるほど手数料は

取引所を選ぶときに大事なポイントとなる。

 

バイナンスの手数料はMaker,Takerともに0.1%

 

PoloniexのMaker0.15%,Taker0.25%

BittrexのMaker0.25%,Taker0.25%

 

と比較しても安くなっている。

 

f:id:Kusa0toko:20171211001355j:plain

 

0.05~0.15%の違いは一見ほとんど変わらないと思うかもしれないが

今後慣れて取引価格や取引回数を増やしたときにその差は歴然となるため

手数料の安い取引所を使わない手はない。

 

さらに、バイナンスが発行している独自のトークン「BNB」を使う事で

手数料が0.05%になる。

 

バイナンス特徴2:ビットコインのフォーク後の通貨が付与される

 

 

11月のビットコインのハードフォークで誕生した「ビットコインダイヤモンド」を

いち早く配布したことで話題となった。

 

f:id:Kusa0toko:20171211001501j:plain

 

既に何度か起きているビットコインの分岐だが年内だけでもまだ数回起きると言われている。

 

12月1日から延期となったビットコインプラチナムを含め

少なくともあと5回は予定されている。

 

  1. スーパービットコイン-12月15日前後
  2. ビットコインプラチナム-12月20日前後←ありませんでした
  3. ビットコインウラン-12月31日前後
  4. ビットコインシルバー-12月中
  5. ビットコインキャッシュプラス-2018年1月

 

分岐時点でビットコインを所有おり全て付与されそれぞれが

ビットコインキャッシュのように価値が上がれば丸ごと利益となる。

 

そんな期待から今熱い取引所となっている。

 

入手方法はここで説明しているぞ

www.kusaotoko.com

 

 

バイナンス特徴3:日本語に対応

 

 

海外の取引所を利用するときにほとんどの人にとって壁となってしまうのが言語。

 

大手のPoloniexやBittrexをはじめ英語が使われている取引所が多く

アカウント開設だけで一苦労。

 

取引はさらに複雑で間違えてしまわないか不安。

 

f:id:Kusa0toko:20171211001553p:plain

 

何となく敷居が高い気がして諦め、国内の取引所のみを利用している人も多いのではないだろうか。

 

そんな諸君に朗報なのが、バイナンスは2017年9月から日本語に対応している

ということ。

 

国内の取引所では取引できる通貨が非常に限られているためこれは非常に嬉しい。

 

これまで海外の取引所を利用することに足踏みしていた諸君も

参加しやすくなりチャンスは広がるだろう

 

※トラブル発生時等の問い合わせは2017年12月時点ではまだ英語でしなければならないので注意!草男はいつでも相談を待っている

 

 

バイナンス特徴4:上場する通貨が諸君の投票によって決まる

 

 

Binanceには草男や諸君たちのようなアルトコインをもっている、

もしくは持ちたいというユーザーにとって見逃せない独自のシステムがある。

 

人気投票を行い人気上位のコインがBinanceに上場するという面白すぎる仕組みである。

 

f:id:Kusa0toko:20171212213844j:plain

 

自分で見つけたり人から聞いたあのコインを取引したいけど取引所に上場していない…

 

そんな時、他の取引所では上場するまで待つしかないが

Binanceではこの仕組みを使って上場させることができ、取引できるようになる可能性がある。

 

まさに今、ブログやSNSで「○○コインを上場させたいから手伝ってほしい」といったような呼びかけが飛び交っており、とても盛り上がっている。

 

すでに取り扱いのある通貨で取引するだけでなく

応援する通貨が上場する瞬間に立ち会うことが出来るのもBinanceの魅力の1つである。

 

 

Binance VS Bittrex

 

 

同じ海外の仮想通貨取引所としてよく比較されるのがアメリカのBittrexだが

上で触れたように手数料がBinanceのほうが安い。

 

Bittrexのアカウント開設するときに英語がちょっぴり苦手な草男は

翻訳ソフトを使いながら命がけで何とか登録までこぎつけたのに対して

Binanceはサクサク完了した。

 

実はもう一点違いがあり、Binanceでは1日2BTCまでという制限付きだが

出金時の本人確認が不要となっている。

※1日2BTCを超える場合は必要になります

 

かつてはBittrexでも不要であったがある日突然規定が変わり必要になってしまった。

 

f:id:Kusa0toko:20171212214650j:plain

 

Bittrexを下げるつもりは決してないが多くの面でBinanceが勝っていると草男は思うので

海外の取引所を使ってみたいと考えている諸君にBinanceをおすすめしたい。

海外の取引所を使ってみたいと考えていない諸君にもBinanceをおすすめしたい。

 

 

まとめ

 

 

今回はいまユーザー数急上昇中の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス )」の

紹介をした。

 

f:id:Kusa0toko:20171211001820p:plain

 

日本語対応で簡単に、破格の手数料で、大きな利益を生む可能性が十分にあるバイナンスは必見である。

 

…え、タイトルのADAコインとは何の関係もないじゃんって?

そうとも言い切れない。大いに関係している。

 

ADAコインの価格が爆上げしたことはご存知かと思うがそのきっかけこそが

11月30日にADAコインがバイナンスに上場したことであると言われている。

 

今後もADAコインからは目が離せないので諸君らも草男と共に

バイナンスでADAコインの行方を見届けよう。

あ、見届けるだけでなく取引もしっかりと行っていきたい

 

登録方法はここで説明しているぞ

www.kusaotoko.com

 

 

バイナンス公式サイトはコチラから

では。