【OKcash】3月9日前後に半減期が行われる

1000人以上が私と友達だよ~

友だち追加

やあ草男だ

 

3月9日に行われる半減期が近いのでオーケーキャッシュについて書いた。

 

f:id:Kusaotok0:20180206161757j:plain

 

 

OKCash(オーケーキャッシュ)の詳細

通貨名     :OKCash(OK)

公開日     :2015年4月17日

最大発行枚数  :105,000,000 OK

流通枚数    :72,630,862 OK

アルゴリズム  :PoS

公式サイト   :https://okcash.io/

Twitter     :Okcash 🆗 (@OkcashCrypto) | Twitter

YouTube    :What is OKCash? - YouTube

CoinMarketCap :OKCash (OK) price, charts, market cap, and other metrics

ホワイトペーパー:-

主な取引所   :Bittrex、Upbit

 

オーケーキャッシュとは

 

元々PIMPcashという名前の仮想通貨をリブランドしOKCash(オーケーキャッシュ)が誕生した。

 

 2014年にプロジェクトが誕生した当時はPoWであったが、現在は完全にPoSに移行している。

 

 OKという名前の由来はOKという2文字は世界中誰でも理解できる単語であるからだそう。

 

 

オーケーキャッシュの特徴は手数料が安く、送金が早い、PoSコインであるためウォレットに入れておくだけで増えていく。

 

オーケーキャッシュは3月9日前後に半減期を迎える

 

3月9日はあくまで予測なので変わる可能性があるので注意してくれ。

半減期というのはマイニング報酬が半減することを指す。

 

半減期を迎えると価格が上がりやすいと言われているのだが理由は2点ある。

 

 

1点目はマイニングを行い新規にコインを発行する仮想通貨は、母数が増えていくので1枚当たりの価値は日に日に落ちていく。

しかし半減期により新規に発行されるコインの枚数が半分に減るため、新規コイン発行による1枚当たりの価値の低下も半分になる。

 

つまり母数が増える速度が遅くなるということだ。

 

 

2点目はマイニングの報酬が減るということは、今までマイニングを行っていた人の報酬が減る。

するとウォレットに入れておくだけで貰えるオーケーキャッシュが減るため売られる量も減る。

ただコインの報酬が減るのは嫌だということで売る人もいるため2点目に関しては微妙だ。 

 

 

まとめ

 

オーケーキャッシュの簡単な概要と半減期について書いた。

 

 

半減期による価格の上げは過去の事例を見ても多いので、素直に半減期に乗るのもありだろう。

 

 

では。