手数料ナシでXRP(リップル)が購入できるリップラーにはオススメのビットバンク

1000人以上が私と友達だよ~

友だち追加

やあ、草男だ。

 

 

今回はビットバンクについて紹介していくぞ。

あまりビットバンクという名前すら聞いたことない方も多いと思うが

 

ビットバンクは一言で言えば、

「アルトコイン(XRP、ETH、MONA、LTC)がお得に買える」

取引所なんだ。

 

ビットバンク公式サイトはコチラから

 

では、解説していく。

 

 

 仮想通貨取引所『ビットバンク』とは?

 

f:id:Kusaotoko:20180106142309p:plain

ビットバンクは仮想通貨、中・上級者に定評のある

「アルトコインが安く買える取引所」だ。

 

代表の廣末紀之さんは、ブロックチェーンに関する書籍の監修やビットコイン投資入門の本を出している。

 

また、廣末さんは野村證券、GMOインターネット株式会社常務取締役、株式会社ガーラ代表取締役を務めるなどの経歴をもたれるエリートなんだ。

 

会社設立は2014年5月のようだから、他社取引所とだいたい同じ頃だな。

 

ビットバンクの会社概要は以下に載せておくから

気になる方はぜひ見てみてくれ。

 

会社概要 - ビットバンク株式会社 | 仮想通貨ビットコイン (bitcoin) の購入/投資 / BTCFX

 

 

ビットバンクの評判

f:id:Kusaotoko:20180106153306j:plain

結論から言えば、

評判は悪くないという印象だ。

 

やはり仮想通貨取引における中級者、上級者には

「アルトコインが取引形式で購入できる」という評価が高く、

特に「XRP(リップル)を買うならビットバンク」という声も多く見受けられる。

 

国内取引所のコインチェックだとリップルの取扱があるが、

取引形式ではなく販売形式なので、手数料が数%かかる。

 

その点、ビットバンクは取引形式だから手数料がお得なんだ。

ただ板が薄いので大きな額を売買する際は注意が必要だ。

 

中級者以上の方からは人気があるものの、

初心者の方や仮想通貨取引をこれ彼始めようと考えている方には

あまり認知されていないイメージがある。

 

他社人気取引所の影に佇むような取引所なので、

評判や口コミはまだまだこれからといったところだろうか。

 

ビットバンクの特徴と魅力

f:id:Kusaotoko:20180106153524p:plain

5種類のアルトコインが取引形式で購入することが可能

↓↓↓ビットバンクで取引形式で購入することが可能な5種類のアルトコイン↓↓↓

  • XRP(リップル)
  • ETH(イーサリアム)
  • LTC(ライトコイン)
  • MONA(モナコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)

特に、XRP(リップル)とLTC(ライトコイン)を取引形式で購入できるのは

ビットバンクだけなので、この2つのアルトコインの購入を

考えているなら登録して損はないだろう。

 

円に換える際はコインチェックやビットフライヤーを利用するよりも手数料を抑えることが出来る。

 

チャートツールの充実

国内取引所の中では、ビットバンクが提供しているチャートは

非常に見やすくオススメだ。

 

↓↓↓チャート画面↓↓↓

f:id:Kusaotoko:20180106145651p:plain

 

このチャート上に、

テクニカル分析の線を引けたりボリンジャーバンドの追加が

出来たりするので、ぜひ有効活用してみてくれ。

 

ビットバンクによるキャンペーンが多い。

ビットバンクは随時キャンペーンを行なっている。

 

それこそ2018年1月9日までは、

なんと全ペア取引手数料無料のキャンペーンを行なっている。

 

また、XRP(リップル)の出来高に応じてランキング形式で賞金がもらえる

キャンペーンも実施中のようだ。

f:id:Kusaotoko:20180106150352p:plain

 

上位に入るにはそこそこ取引をしないといけないものの、

やはり他の取引所に比べ、ランクインしやすいのだとか。

 

1位の賞金は10万円なので

これを元手に取引するのも良いであろう。

 

ランキング賞金額も以下に載せておくから

気になる方はぜひ確認してみてくれ。

 

↓↓↓ランキング賞金額↓↓↓

 

f:id:Kusaotoko:20180106150710p:plain

 

ビットバンクのメリット

f:id:Kusaotoko:20180106154043j:plain

ビットコイン取引手数料マイナス0.05%

ビットバンク最大のメリットは、ビットコインを含む仮想通貨の取引手数料が

マイナス0.05%であることであろう。

 

アルトコイン購入時の手数料が節約できることも加えてメリットといえる。

 

草コイナーの私にとっては、やはりアルトコインの手数料を節約できるのは大きい。

 

Zaifであれば、逆に手数料がいただけるが、

  • XRP(リップル)
  • ETH(イーサリアム)
  • LTC(ライトコイン)
  • MONA(モナコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)

のアルトコイン5種類を手数料無料で購入できるのはビットバンクだけだ。

 

例えば、ICOに参加するならETH(イーサリアム)が必要になってくるので

イーサリアムの調達は私もビットバンクでしている。

 

コインチェックなどの販売所形式で買うと、たったの1回でもバカに出来ない

販売手数料になるので、必ず取引所形式で調達しよう。

 

ビットバンクトレードとの連携で追証なしのBTCFX(ビットコインFX)が可能。

ビットバンクでは

  • bitbank.cc
  • bitbank Trade

の2つの取引所を運営していて、

このうち下のビットバンクトレードとの連携で

ビットコインFXを追証なし、最大レバレッジ20倍で取引することが可能になる。

 

連携するには、

ビットバンクにアカウントを作成することで連携が簡単に行うことができ、

最短2分で口座開設、24時間365日ビットコインFXすることが可能になる。

 

追証なしとは、簡単に言えば、

「自分の口座に入れた金額分しか損失が出ない」

ということだ。

 

例えば、10万円持っている場合は最大200万まで取引することが出来、

仮にも損失が出ても、10万円だけという仕組みだ。

 

追証があると、損した場合追加で入金しなくてはならないが

追証なしは、入金する必要がないので、リスクがあると言われる

ビットコインFXもかなりリスクを減らした仕組みなる。

 

 

ビットバンクのデメリット

f:id:Kusaotoko:20180106153933j:plain

簡単売買がない

コインチェックやZaif、ビットフライヤーなどでは

簡単売買が存在するが、ビットバンクでは簡単売買がない。

 

ビットフライヤーの場合、2クリックで簡単に通貨を買うことができ

初心者には嬉しい機能だ。

 

「ビットバンクでは販売所形式ではないからない」と言ってしまえば、

そこまでではあるが、やはり株やFXをしたことのない方には

少々ハードルが高いように思える。

 

取引量が少ない

ビットバンクの最大のデメリットは取引量が少ないところだ。

逆に取引量さえ改善されれば、人気取引所の仲間入りすることが

可能になるだろう。

 

取引量が少ないということ、取引量が少ないとスプレッド(価格差)が開いてしまうんだ。

 

スプレッドが開くとどんなに手数料が安くてもほかの取引所に比べて割高になってしまう可能性が高いんだ。

 

かと言っても、許容範囲内の価格差なので、取引量の高さは

人気度と比例するためそこまで心配する必要はないであろう。

 

 

ビットバンクの安全性

 

f:id:Kusaotoko:20180106160027p:plain

資産を安全に守るために必ず押さえておきたい

 

  • コールドウォレットでの管理(オフライン上のウォレット
  • 顧客資産と経営資金の分散管理
  • 本人確認の徹底 

 はしっかりと対策されている。

 

そのほかにも、

  • 2段階認証
  • SMS認証

も採用。

 

ただし、盗難補償はないので、口座開設したら必ず2段階認証しよう。

2段階認証まですれば、ほかの人気取引所とは遜色ないほどの安全性であろう。

 

まとめ

f:id:Kusaotoko:20171227202321j:plain

いかがであっただろうか。

 

ビットバンクは読んでいただいてわかるように

中級者以上に支持されている取引所と言えるだろう。

 

取引量の少なさや、初心者向けのデザインなど改善点が見受けられるものの

 

やはり、

「XPP(リップル)、ETH(イーサリアム)、LTC(ライトコイン)を買うならビットバンク」

と言えるほどアルトコインを買うのにもってこいの取引所であろう。

 

ぜひ活用してみてくれ。

 

ビットバンク公式サイトはコチラから

 

では。