【新規参入取引所】DMM Bitcoin アルトコインをレバレッジ取引する人は注目〜〜

1000人以上が私と友達だよ~

友だち追加

やあ、草男だ。

 

 

今日は来年1月11日よりスタート予定のDMMビットコインについての

情報をまとめていくぞ。

f:id:Kusaotoko:20171227202130j:plain

 

 

 

DMM Bitcoinの基本情報

f:id:Kusaotoko:20171227202321j:plain

DMM Bitcoinは東京ビットコイン取引所から2017年12月12日に名称を

変更する形で開始された仮想通貨の取引所だ。

 

東京ビットコイン取引所は2017年12月に金融庁の

仮想通貨交換業事業者登録が認可されており、その免許を引き継ぐ形で

DMM Bitcoinが2018年1月11日からスタートするんだ。

 

DMMは「DMM.com証券」などを展開するグループ会社で

DMM自体は既にマイニング事業にも進出していて、

今後はさらにこれを皮切りに仮想通貨業界における

存在感を増していくことだろう。

 

 

DMM Bitcoinの特徴・魅力

取り扱い仮想通貨

f:id:Kusaotoko:20171227201958p:plain

  • Bitcoin(ビットコイン)
  • Ethereum(イーサリアム)
  • NEM(ネム)
  • Ripple(リップル)
  • Litecoin(ライトコイン)
  • Ethereum Classic(イーサリアム・クラシック)
  • BitcoinCash(ビットコイン・キャッシュ)

の計7種類になる。

 

アルトコインレバレッジ取引が可能に

現物取引は3通貨、レバレッジ取引は14通貨ペアで展開される。

 

注目のアルトコインレバレッジ取引だが、

 

最大5倍の予定で、

アルトコインの通貨ペアの多さが今回の魅力

となるだろう。

 

 

国内取引所のほとんどではレバレッジ取引ができる仮想通貨は

ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュと

限定されていることが多いので、他の仮想通貨をレバレッジをかけて

取引したい人にオススメだ。

 

レバレッジ取引だとビットフライヤーとGMOコインがレバレッジ取引の

2強かと思うが、スペックを比べると充分戦えそうだ。

 

注文方法は

指値注文(価格指定するだけの注文)や

成行注文(価格を指定しない注文)だけではなく

ストリーミング注文、指値注文、逆指値注文、OCO(オーシーオー)、

IFD(イフダン)、IFO(IFD+OCO)、一括決済、クイック決済

と多く設定する事ができるため、トレードを主としたい方に推奨する。

 

 

取引通貨ペアについては上の画像を再度確認してくれ。

 

スマホアプリに対応

DMM BitcoinはiOS,Androidアプリにも対応する。

 

スマホアプリでは取引所アカウントと連携する事で

購入したビットコインやイーサリアムをそのままアプリで

誰かに送受金する事ができるとのことだ。

 

取引所とウォレットが繋がっていると便利なので

仮想通貨の現物を保有したい方にはオススメだ。

 

DMM Bitcoin口座開設受付開始日と開設方法

f:id:Kusaotoko:20171227204824p:plain口座開設申し込み受付は2018年1月11日より開始予定だ。

 

DMM Bitcoinの口座開設は、

  • メールアドレスの登録
  • 基本情報の入力
  • 本人確認書類の提出

となるみたいだ。 

 

基本的に他取引所と変わらないだろう。

 

まとめ

  • 取扱仮想通貨数は7種類
  • BTC,ETHは現物取引、それ以外はレバレッジ取引
  • レバレッジは最大5倍
  • アルトコインレバレッジ取引が可能
  • スマホアプリで取引が可能
  • 口座開設開始日は2018年1月11日

 

となる。

 

ビットフライヤー、GMOコインに続くDMM Bitcoin。

アルトコインのレバレッジ取引をするのであれば

充実した通貨ペアを展開するDMM Bitcoinであろう。

 

ぜひ登録してみてくれ。

 

ここから詳細を見れるぞ。