【ADK】タックスヘイブンの手助けをするADKとは?量子コンピュータ対策済み

1000人以上が私と友達だよ~

友だち追加

やあ草男だ。

 

 Aidos Kuneen(エイドス クニーン)について紹介する。

よくTwitterで煽られているADKについてだ。

 

・手数料なし

・匿名

・DAG

・オフショア銀行(タックスヘイブン)

 

といった特徴がある。

 

あと重要なのが コミュニティの活発さだ。

 

f:id:kusaotoko666:20171216112610j:plain

 

Aidos Kuneen(ADK)の詳細

通貨名     :Aidos Kuneen(ADK)

公開日     :2017年6月6日

最大発行枚数  :25,000,000 ADK

流通枚数    :-

公式サイト   :http://www.aidoskuneen.com/

Twitter     :ADK (@Aidos_kuneen) | Twitter

CoinMarketCap :Aidos Kuneen (ADK) price, charts, market cap, and other metrics

ホワイトペーパー:http://adk.works/jp/adk_whitepaper_tmp.pdf

主な取引所   :AidosMarket

 

Aidos Kuneen(ADK)とは

Aidos Kuneen(ADK)は代表のRicardo Badoer (リカルド・バドエル)氏によって作られた仮想通貨だ。

 

通称ドンと呼ばれている。

 

リカルド氏は16年間オフショア銀行(タックスヘイブンで有名な銀行)で働いていた。

 

この仮想通貨ADKはブロックチェーンではなく、DAGという技術を用いている。

 

DAG技術とは

ADKの他にIOTAやByteballなどに用いられている。

 

DAGとはブロックチェーンの後にできたiMeshを用いた技術だ。

ブロックチェーンですらわかりにくいのに、DAGはもっとわかりにくい。

 

残念ながら私には深く理解ができなかったので少しふわっと説明になってしまうことを謝罪する。

 

ブロックチェーンはブロック同士は1つずつ、一本の直線状にブロックが連なっていく。

それに対しDAGはブロック同士が1つずつに連なる必要がなく糸の繊維、蜘蛛の巣のように連なっていくという特徴がある。

 

f:id:kusaotoko666:20171215161347p:plain

 

 

DAG技術を用いると

・手数料がかからない

・マイナーがいらない

・スケーラビリティ問題が起きない

・送金時間が比較的短い

・改ざんが困難

 

といったメリットを受け取ることができる。

 

マイクロペイメントを行うことが出来る。

手数料がかからないということはマイクロペイメント(少額決済)が可能だ。

 

例えば世間的にはビットコインの手数料は安いと言われている。

確かに海外送金を行う場合は安いし早いのだが、お店で数百円の決済を行う際手数料で数百円かかるというのは割に合わない。

 

そこで手数料がかからないADKなら少額の決済も難なくこなすことが出来る。

 

まだDAGの歴史が浅い

DAGはまだ歴史が浅いため問題が起きやすいと言われている。

 

オフショア銀行との提携

オフショア銀行というのはタックスヘイブンのことだ。

パナマ文書などでよくニュースになっていた。

 

税金がかからないタックスヘイブンとは

日本でビジネスを行いお金を儲けると高い税金がかかってしまう。

そこで海外の税金のかからない国に会社を作り、そこで利益を出すと税金がかからない。

 

こうしてグレーな方法で節税?を行うことをタックスヘイブンとい呼ぶ。

 

この市場をADKが狙っている。

3300兆円の市場なのでもし提携が結ばれると一気に普及するのではないか。

 

ADKが提携している相手

10月12日にリトアニアのオンラインバンキングとのパートナーシップを結んだ。

リトアニアのミスタータンゴのデビットカードを発行すると発表。

ETFの上場を目指している。

カジノ関連でゲーム会社モンスターバイトと提携を結ぶ。

 

取引所は1つしかない

元々ADKはクリプトダオという取引所に上場していたのだが、問題がありADKを専門に取り扱う取引所を作った。

 

問題というのはクリプトダオが突然ADKのウォレットを削除したのだ。

そして取り出すことに間に合わなかったユーザーは泣き寝入りになりそうになった。

しかしドンが頑張って取り戻してくれたようだ。

 

このことから開発側は投資家思いなのであろう。

そしてさらにAidos Marketという取引所を新しく作った。

 

ICOを行っていない

以前、

こんなやばい仮想通貨作るから先行販売して資金調達するよ~

と言って何十億円ものお金を集めるICOが流行った。

 

このような方法で資金調達を行わずに現在に至る。

 

量子コンピュータ対策を行っている

この記事を読めばわかる。

 

www.kusaotoko.com

 

どうせ君は読まないから箇条書きで説明しておこう。

・量子コンピュータとはスーパーコンピュータの1億倍の計算力を持つ

・公開鍵から簡単に秘密鍵を割り出すことができる

・ビットコインなどの仮想通貨ウォレットからコインをものの数分で盗まれてしまう

・量子コンピュータ対策をしていない仮想通貨はまずいかもしれない

 

こんな感じだ。

量子コンピュータが完成したら仮想通貨以外も相当大きな影響が出るだろう。

 

まとめ

ADKはDAG技術を用いてスケーラビリティ問題や手数料なし、マイクロペイメント可能、匿名性の高い仮想通貨である。

 

少しTwitterなどで煽られすぎなのでは?と私は思ったがこの仮想通貨の需要はあるはずだ。

 

現在取引所がAidos Marketのみしかないので新規に上場が決まれば流動性が高まっていくだろう。

 

では。