【ビットコイン】マイニング(採掘)の仕組み

1000人以上が私と友達だよ~

友だち追加

やあ草男だ。

 

星の数ほどある色々なサイトの中で草男のブログに遊びに来てくれた諸君は

少なからず仮想通貨に興味を持っているのだろう。

 

今回は仮想通貨の世界でよく話題に出てくるけどイマイチどういうことなのか

よくわからない人が意外と多い「マイニング」について説明していこうと思う。

 

 

f:id:hutunodaigakusei:20171028152244j:plain

 

 

マイニングとは

 

以前「仮想通貨」の入手方法は大きく分けて2つあることを説明した。

 

www.kusaotoko.com

 

 

そこで挙げた入手法の1つが「マイニング」である。

今回は仮想通貨の中では最もメジャーなビットコインを例に挙げてマイニングを

説明していこうと思うのである。

 

 

マイニングとは

 

マイニングは日本語で『採掘』という意味を持つ。

採掘というと鉱山に出かけて金や宝石を掘り起こすイメージがあると思うが、

実はビットコインも同じような方法で採掘することが可能なのである。

※実際にスコップでビットコインを掘り起こすわけではない。

 

ビットコインは予め発行枚数が2100万枚と決まっているがその中にはまだまだ発行されて尽くされてはいない。

その未だ発行されていないビットコインを、コンピュータを用いて採掘(発行)して

手に入れることがビットコインマイニングである。

 

 

マイニングの仕組み

 

マイニングとは何かがざっくりとわかったら、今度はどうすればマイニングが出来るのかを知りたいのではないだろうか。

 

ビットコインは世界中で取引されており、一定時間ごとに1つの塊で取引の記録を行っている。

取引が記録され、また一定時間たつとその次の塊(ブロック)に記録される。これら1つ1つのブロックが鎖のように繋がり、管理される。

※この仕組みを『ブロックチェーン』という。

参考

 

www.kusaotoko.com

 

 

一定時間たつごとにブロックが繋がっていくわけだが、次のブロックに繋げるため時に

前のデータとの整合性を確認しなければならないため膨大な量の計算を行う必要が出てくる。

この作業を誰かが行うことによりビットコインのスムーズな取引を世界中で行うことが出来るため、計算を最初に成功させたその誰かには報酬としてビットコインが発行される。

 

これがビットコインにおけるマイニングの仕組みである。

 

 

まとめ

 

今回はマイニング(採掘)についてビットコインを例に説明した。

日々世界中で行われている取引を円滑に行えるようにするためには誰かが膨大な計算を行わなければならない。

その計算を成功させた誰かに報酬としてまだ発行されていないビットコインが発行される。

というのがビットコインマイニングである。

 

ビットコイン以外の仮想通貨でもマイニングにより入手できるものがあり、

その発行方法も様々である。

それらについてはまた別記事にて触れていきたい。