開発者グループであるビットコインコア(bitcoin core)とは

1000人以上が私と友達だよ~

友だち追加

やあ草男だ。

 

ビットコインの分裂について聞いたことはあるだろうか。

別の言い方でハードフォークとも言う。

 

その中でもよく話に上がるのはビットコインコアだ。

ビットコインアンリミテッドとバチバチやっていたアレだ。

 

ビットコインコアというのは開発者のグループである。

簡単に言ってしまったが、ビットコインは非中央集権的な通貨であることから注目を浴びてきたのに、

「管理者がいる」のは何事かと疑問が浮かぶのは当然である。

 

それを踏まえビットコインコアとは具体的には何なのだろうか、何をしているのだろうか、そこを説明していこうと思う。

 

f:id:hutunodaigakusei:20171025233923j:plain

 

 

ビットコインは突然生まれたわけではない

見出しの通りビットコインは突然ネット上に生まれたわけではない。

 

当然誰かが「ビットコインという通貨を作ろう!そのために力を貸してくれ!」という形で何人かの開発者が力を合わせて作ったものだ。

 

これは俗に言うナカモトサトシという謎の人物が論文を発表したのがきっかけである。

 

 

ビットコインはプログラミングコードが公開されており、誰でも見れるしコピペもできる。

 

ビットコインコアすなわち開発者はそのプログラミングコードに不備がないか、問題点はないか、バグはないかと修正を行っている。

 

そのコードを元にビットコインコアというソフトが作られ、そのソフトは選ばれた人しか修正することはできない。

 

ビットコインコアはビットコインのルールのようなものだ。

 

 ビットコインコアが絶対的な権力を握っているのか?

先に答えを言っておくと「NO」だ。

 

確かにルールを付け加えることが出来る唯一のグループではあるので、一定の権力は持ち合わせている。

 

しかしこれを言いかえるとルールを決定することしかできない。

 

例えばマイナーがそのルールに対して、気に食わないと感じればビットコインのマイニングをしなければよい。

 

もしマイナーが誰もいなくなればビットコインは正常に機能しない。

 

何ならマイナーがビットコインを分裂させマイナーの思うままのコインを作ることだってできてしまう。

 

それによってできたのがビットコインキャッシュであるのは記憶に新しい。

 

マイナーが権力を握っているのか

またこれもNOである。

 

なぜならマイナーがルールに従いたくないからと言って自分勝手なコインを作ったとする。

 

そのコインをユーザーが使うだろうか。

 

もしユーザーが使わなかった場合その新しいコインには価格がつかず、マイナーは赤字になってしまう。

 

まとめ

ビットコインコアとはどのようなグループであるかは理解していただけただろうか?

 

ビットコインコアがルールを決定し

マイナーがそのルールに従うか否か判断し

ユーザーがコインを使うか判断する

 

この3つがバランスを取り合ってうまく成り立っているのがビットコインであり、「非中央集権的」である所以なのである。

 

マイナーに自分勝手な人間が多いとビットコインキャッシュのような騒ぎを生み出してしまうことがあるので頭に入れておくといいかもしれない。

 

では。