51%攻撃とは・・・

1000人以上が私と友達だよ~

友だち追加

やあ草男だ。

 

今回はビットコインについて調べているとよく出てくる「51%攻撃」という問題について説明していこうと思う。

 

f:id:bigtemple:20171025151908j:plain

 

 

51%攻撃とはなんなのか・・・

 

それは、

最初に出された「承認」を全体の51%の人が嘘の「OK」を出すこと

である。

 

これは51%の人が協力しているというわけではなく、厳密に言えば、承認に参加している51%の力が嘘をつけばいいので1人でも論理的には可能である。

 

それが51%攻撃である。

 

では、51%攻撃が行われると

何が起きるのか・・・?

 

それは、

 

・特定の取引を「承認」させない(特定のユーザーではなく特定の取引)

・二重払いを成立させる(使ったビットコインを使ってなかったことにする)

・51%攻撃後の取引を不正に作り出して「承認」によるビットコイン報酬を受け取る

 

上記3つのことが起きると、

ビットコインの信頼度が落ち、価値が暴落する恐れがあるのだ。

 

ちなみに、注意点として、

・誰かのビットコインを盗む、奪う

というのは出来ないので押さえておくように。

 

では、実際に51%攻撃は可能か否か

 

これが最大の疑問点だとは思うが、

結論から言うと、

 

国家レベルで動かない限り不可能

 

であると言われている。

 

現在、ビットコインは全世界で行われている。

そして、「承認」を行なっているグループも多数いる。

 

だが、

51%攻撃ができる力を持っていたとしても上記で説明したように

そんなに多くないメリットしかない。

 

どちらかと言えば、

労力の方が先行するのである。

 

そんなことをするグループがあるだろうか。

 

私、草男の個人的な見解ではあるが、

実現しないであろうと思う。

 

まとめ

どんなシステムも「完璧」ではない。

しかし、知識をつけておけばそれほど恐れるようなこともないのだ。

 

諸君にも、今一度知識をつけることが最大のリスクヘッジになると言うことを

肝に命じていただきたいと思う。