ビットコインと付随してよく言われる”ブロックチェーン”とは

1000人以上が私と友達だよ~

友だち追加
やあ草男だ。
 
 
今回は、ビットコインと付随してよく言われるブロックチェーンについて
説明しておこうと思う。
 
まず、ブロックチェーンとはビットコインが生み出したテクノロジーである。
 
現在はビットコインのような決済システム以外の分野でも活用しようと開発が進められている。
 
これを大前提として、諸君にブロックチェーンを解説していこうと思う。
 

f:id:hutunodaigakusei:20171023174953j:plain

 

ブロックチェーンとは

 
ブロックチェーンは一言で言うならば
 
「記録を残すシステム」
 
である。
 
 
記録を残すという歴史は
 
アナログ時代は”紙”を
デジタル化すると"データをサーバー"
 
によって管理されてきた。
 
しかしながら、
ブロックチェーンという技術を用いることで
記録を残す際に”サーバー”を必要としなくなったのだ。
 
 

どうやって管理するのか?

 
それは、
 
インターネットを利用して同じデータを
複数の端末(スマホやPCなど)で持つことで
管理が可能になるのだ。
 

f:id:kusaotoko666:20171018154004p:plain

 
ある場所でデータが更新されると
インターネットを通じてその更新情報も同時に諸君の端末で
行われるのだ。
 
このようにして、記録は残され更新されていくのだ。
 
さらに、サーバーを利用しなくなるということは
コスト削減もできるのだ。
 
 

まとめ

ブロックチェーンは
上記でも説明した通り今現在、様々な場所で活用される
動きが出ている。
 
例えば、ブロックチェーンに証明書のデータを保存できる。
サーバーを利用しなくても記録することができるから、
あらゆるビジネスシーンでも期待されているようだ。